江戸時代に清戸坂の北側一帯の雑司ヶ谷村で栽培されていた事から、雑司ヶ谷なすと名づけられたそうです。見た目は小ぶりで丸みを帯び、皮は厚くて硬いのが特徴です。食べると甘みがあり、なおかつジューシーで、食べ応えがあります。