明治時代初期に、大田区西馬込で品種改良によって生まれたのが馬込三寸人参です。当時の一般的な人参は長さ50cm程でしたが、馬込三寸人参は長さ10cm程で根の先端が丸々とした形をしています。